ウェントワース・ミラーの身長ほかプロフィールについて紹介

映画、ドラマ、アニメの中でも
海外ドラマのラインナップが充実しています。
今なら、無料視聴できる「お試しトライアル」が大変にお得です。

一人で気兼ねなく観たいなら!
>>> 無料お試しの詳細はコチラ <<<
家族でへビーユーザーなら!
>>> 無料お試しの詳細はコチラ <<<

U-NEXT

ウェントワース・ミラーの身長ほかプロフィールについて紹介

身長について紹介

 

ウェントワース・ミラーの身長ほかプロフィールについて紹介しています。ご存知でしたか?ウェントは俳優業だけでなく脚本家としても有名なんです。なんと脚本した2作目が映画化されているんです。

 

 



 

 

ウェントワースの身長は?

 

ウェントの身長について、皆さんも良く調べるウィキペディアを見てみたら、かなり細かく書かれていました。

 

ウェントの身長は「186.7cm(6'1 1/2)」ということです。

 

ついでに、生年月日などは以下の通りです。

 

・生年月日:1972年6月2日
・国籍:イギリス・アメリカ合衆国
・出生地:イングランド・オックスフォードシャー州

 

ウェントワース・ミラーの本名は「Wentworth Earl Miller III」と言います。ということで、お父さんの名は「Wentworth Earl Miller II」となります。

 

 

ウェントワース・ミラーのインスタグラムとツイッターとフェイスビックを紹介しておきます。たまにのぞいてみると、ウェントのリアルな最新情報が分かりますよ。
・https://www.instagram.com/wentworthmilleractorauthor/
・https://twitter.com/WentworthMiller
・https://www.facebook.com/%20wentworthmilleractorwriter

 

 

ウェントワースの身長は?
 出典:http://keistyle.exblog.jp/4832844/

 

 

ページTop

その他のプロフィール

 

ウェントの国籍は、イギリスとアメリカの二重国籍を保有しているそうです。両親ともに教師で、両親の血縁がそれぞれにかなり多国籍にあるようで、その結果、二重国籍を持っているんだと思われます。

 

高校時代はミュージカルをしていたようですね。大学はプリンストン大学の英文学を専攻していました。大学時代ではアカペラグループのメンバーに所属していたようです。

 

大学を卒業してすぐに俳優になったわけではなく、ロサンゼルスにある製作会社で働いていた時代があったそうです。また、食物や動物に対してかなりのアレルギー体質を持っているようです。

 

 

ウェントのプロフィール
 出典:https://www.flickr.com/photos/pradagirl/52777711/

 

 

俳優になってからは・・・

 

ウェント最初の主演作品は「Dinotopia」のデイビッド役でした。役柄は敏感で内向的な役だったどうです。そして、2003年、アンソニー・ホプキンスの青年時代役として『白いカラス』に出演することになります。

 

2005年にゴールデングローブ賞にノミネートさた時の作品がフォックスネットワークの『プリズン・ブレイク』です。主演のマイケル・スコフィールド役を演じていました。

 

ウェントが俳優として一大転機となったのが、あのマライア・キャリーのミュージックビデオ『It's Like That、We Belong Together』に出演したことを上ています。

 

「私が彼女のミュージックビデオの撮影に費やした2日間は、私のキャリアに大きな影響をもたらした。多くの人々の目に触れる機会を与えくれた。こうした機会を得たことに感謝している。」(引用:ウィキペディア)と語っています。

 

このときちょうど、『プリズンブレイク』のパイロット版も同時進行で撮影があったそうで、その『プリズンブレイク』パイロット版の監督「ブレット・ラトナー」がウェントをマライアに勧めたそうです。

 

 

●マライア・キャリーのミュージックビデオ

※出典:MND Association
※PCの方は、スタートして画面右下で「全画面」に切り替えられます。

 

 

 

ゴールデングローブ賞にノミネート
 出典:http://ameblo.jp/gloomy11/entry-10270481693.html

 

 

脚本家としても活動・・・

 

ご存知の方も多いとは思いますが、ウェントは俳優業だけでなく脚本家としても有名なんです。脚本デビュー作が『イノセント・ガーデン』で、脚本2作目の『The Dissapointments Room』は映画化までされているんです。

 

もしかすると、プリンストン大学に在籍している19歳の学生の時、父親と合作で描いたマンガが収めたれた書籍『Sewickleyness』が発刊されているんですが、その時すでに脚本家としての素質が表に現れていたんでしょうか。

 

 

脚本家としても活動
 出典:http://www.cinematoday.jp/page/N0008107

 

 

ページTop

「ウェントワース・ミラー」ファンレターの送り先と書き方

 

ウェントにファンレターを送りたい方のために、ファンレターの送り先を調べておきました。
------------------------------
Wentworth Miller
Gotham Group, Inc.
9255 Sunset Blvd.
Suite 515
Los Angeles, CA 90069
USA
------------------------------
引用元:http://www.fanmail.biz/7888.html

 

海外の俳優さんにファンレターを送るときの「書き方」については、下記のサイトがとても分かりやすく説明してくれています。参考にして下さい。
・http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/1700/kakikata2.html
・http://www.eigotown.com/culture/special/backnumber00/special_2000101600_p1.shtml

 

 

 

ページTop

まとめ

 

ウェントワースの身長は「186.7cm(6'1 1/2)」で、本名は「Wentworth Earl Miller III」。ちなみに、父親の名前は「Wentworth Earl Miller II」となります。

 

2005年に主演のマイケル・スコフィールド役で出演した『プリズン・ブレイク』でゴールデングローブ賞にノミネートされています。

 

また、ウェントが俳優として一大転機となったのが、あのマライア・キャリーのミュージックビデオ『It's Like That、We Belong Together』に出演したことで、彼自身「私が彼女のミュージックビデオの撮影に費やした2日間は、私のキャリアに大きな影響をもたらした。」と語っています。

 

それから、俳優業だけでなく脚本家としても活躍していて、脚本した2作目『The Dissapointments Room』が映画化されています。

 

 

ウェントワース・ミラー
 出典:http://www.crank-in.net/person/2841/worklist/


プリズン・ブレイクの動画配信【無料お試し】が大変にお得!

【hulu】動画配信サービス
「一人で気兼ねなく観たい!」または「子供や旦那さんと一緒に観る。」ことがメインになる方におススメの動画配信サービスです。映画、ドラマ、アニメの中でも海外ドラマのラインナップが充実しています。今なら、プリズン・ブレイクの「シーズン1」〜「シーズン4」までが無料視聴できる「お試しトライアル」が大変にお得です。
『2週間』無料視聴できる「お試しトライアル」はコチラ

●無料お試しの申込み方法を図解で解説しています。
無料お試しの申込方法
●解約の仕方を知りたい方はコチラです。
無料お試しの解約方法